大黒屋光太夫記念館
ホーム > 資料館・記念館 > 大黒屋光太夫記念館 > お知らせ > 大黒屋光太夫記念館 冬の展示「光太夫の書いたロシア文字」

大黒屋光太夫記念館

大黒屋光太夫記念館 冬の展示「光太夫の書いたロシア文字」

2018.12.20

光太夫は、ロシアでロシア語を覚えて帰国しました。

その知識は、ロシアへの関心が高まっていた日本で注目され、

多くの人が光太夫から西洋の事情やロシア語を学びました。

また、光太夫は、ロシア文字による書も多く遺しています。

西洋の文字が珍しかった当時の日本では、

観賞用として掛け軸などに仕立てられ飾られたようです。

 

今回は、光太夫が日本に紹介したロシア語・ロシア文字について

光太夫直筆の墨書を中心に展示いたします。

 

★会期 平成31年1月5日(土)~3月17日(日)

★入館料 無料

  大黒屋光太夫書「ツル」 光太夫64歳の時の書