伊勢型紙資料館
ホーム > 資料館・記念館 > 伊勢型紙資料館 > お知らせ > 新蔵展示「紺屋金子家の型紙」展を開催

伊勢型紙資料館

新蔵展示「紺屋金子家の型紙」展を開催

2019.4.18

金子家は岡山県高梁市で明治から大正にかけて紺屋(染色業)を営んでいました。

そこで使用されていた型紙は、紺屋を廃業した後も大切に保存され、

平成30年7月に当市に寄贈されました。

今回は金子家から寄贈を受けた500枚の型紙のうち、27枚を展示しています。

★金子家の型紙の特徴★

 *縞・鮫など小紋柄が多い

  縞は特に壊れやすく保存がむずかしいため、古いものはあまり残っていません。

  金子家の型紙には、様々な縞が良い状態で多く含まれています。

  また、鮫や割付柄など小紋の型紙が多く残っています。

 *三木の型屋の商印が多く捺されている

  三木(兵庫県三木市)には、かつて型紙商人がいました。

  金子家の型紙には100枚以上に商印が捺してあり、三木の型屋のものも多く含まれます。

  三木では江戸時代には型紙製作を行っていましたが、近代以降は仕入れ販売に移行していったようです。

  白子の型紙商の資料には、明治以降三木に型紙を卸している内容のものがありますので

  金子家の型紙の多くは、白子から三木を経由して伝わったものと思われます。

 

期間 平成31年4月18日(木)~令和元年8月18日(日)

場所 伊勢型紙資料館 新蔵

 

お問合せ 鈴鹿市文化スポーツ部 文化財課(059-382-9031)

 

うずまき

松の縞

展示風景